船橋市立医療センター

船橋市は人口62万人を擁し、2003年4月に中核市へ移行しました。保健所は市で設置され、市民福祉を向上させるとともに、「生き生きとしたふれあいの都市・ふなばし」の実現に取り組んでいます。船橋市立医療センターは当初から高度医療・二次救急を担う中核基幹病院として、地域医療機関と密接な連携を図りながら、市民の医療需要に応えてきました。市内の医療機関と連携したオープンベッド方式を導入し、地域医療の充実に努めています。三次救命救急センターを併設し、また消防局や医師会と協力して全国初の24時間体制ドクターカーの運用救急医療の面でも体制強化が図られてます。2010年1月に緩和ケア病棟をオープンし、同年3月には地域医療支援病院の承認を受けました。

信頼される看護を目指しています

私たちは、個々の患者さんの意志を尊重し、安全・安心な看護をやさしさと思いやりの心をこめて行っております。安全で安心な環境で看護が行えるよう、組織として医療安全活動に取り組み、「患者さんのための医療の実現」を目指しています。

認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、糖尿病看護、乳がん看護、皮膚・排泄ケア、他

専門看護師が活躍しています
精神看護、慢性疾患看護

専門性を高め、温かい看護実践ができる人材の育成

院内研修の基礎コース研修は新卒者全員が受講します。その後、関心のある研修や個人の役割に応じた研修を選択し受講します。院外研修は主に日本看護協会、千葉県看護協会をはじめ千葉県、自治体病院協議会等主催の研修です。毎年多数の看護職員が参加して知識・技術のレベルアップを図っています。また看護学会では、毎年数題の看護研究を発表しています。


(写真)船橋市立医療センター

船橋市立医療センターの概要・待遇と勤務
開設年 1983年
病床数 449床
看護方式 チームナーシング及び一部プライマリーナーシング
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、代謝内科、緩和ケア内科、腫瘍内科、精神科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、歯科口腔外科
看護配置 7:1
勤務体制 本人の希望に応じ3交代・2交代併用
諸手当 夜勤手当、3交替深夜、3交替準夜、手術室勤務手当、放射線照射介助手当(脳アンギオ等の介助時) 扶養手当、住居手当、通勤手当:公共交通機関6ヶ月定期相当額。自動車通勤等は距離に応じ毎月支給 その他救急待機手当、時間外勤務手当等有
昇給 年1回
賞与 年2回
休日・休暇 年次有給休暇(年度20日間)、夏季休暇(7日)、子の看護のための休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、結婚休暇、産前休暇・産後休暇、育児休業、自己啓発休業等
保育施設 敷地外に保育室があります。子育てしながらも働けるよう夜間保育も行っています。2013年4月に新築の保育室がオープンしました。
寮社宅 病院からバスで10分程度の住宅地にあります。(鉄筋コンクリート造5階建1K。洗面スペース・バス・トイレ独立) オートロックで警備員が24時間365日常駐しています。
所在地 千葉県船橋市金杉1-21-1 
アクセス JR船橋駅北口下車、船橋新京成バスに乗車してください。(約バス15分) ※三咲駅、金杉台団地、鎌ヶ谷大仏、コープ野村行のバスで「医療センター経由」と行き先表示のバスに乗車してください。(5、6、7番乗り場)

ページの先頭へ