板橋中央総合病院(IMSグループ)医療法人社団明芳会

急性期に特化した総合病院(板橋中央総合病院は、IMSグループの本院です)  
地図に残る仕事をする会社があるように、板橋中央総合病院看護部は「患者様の記憶に残る看護」を目指しています。東京板橋区の60年近く一貫して地域医療を中心に急性期に特化した579床の総合病院です。地域医療の根幹は24時間365日の診療体制の整備と実践にあります。年間8,000台を超える救急搬送の対応できる救急部門やICUなどのユニットを完備し、より早く安全な救急医療の実践を病院の使命と捉えています。看護師としての揺るぎない使命感を持ち、他職種からなるチーム医療の中で患者様に最善の選択をしたいという思いはひとつ。より高度な医療技術と確かな看護実践でひとつでも多くの命を救い地域に求められる医療を提供したいと考えます。

看護部では新人研修を2カ月間しっかり行います
4月は看護の基礎技術の習得をめざし、手順に沿って技術チェックリストを使って行います。6人に一人の指導者がいるので解らないことも何度も繰り返し理解できるまで聞くことができるので安心です。5月はローテーション研修にて自分の配属希望の診療科を4ヵ所選択しシャドー研修を行います。月曜日から金曜日まで連続した5日間の研修は病棟の雰囲気を直接体験できるのでより病棟のイメージが付きやすく、6月からの配属先への不安も軽減できます。

希望の部署が選べます
配属先は第一・二希望の中から選んでスタートできます。「好きこそものの上手なれ」と自分の興味ある分野からスタートし新人看護師の希望を100%叶えます。

長期休暇が取れます
日本中からの新人さんがいますので5月の連休は全員が帰省します。7~10日までの連続休暇が可能です。海外旅行も気軽に行けるのも魅力です。

二交代勤務で時間にゆとりです
勤務は日勤8時間夜間16時間(2時間の休憩)で深夜の交代がないので防犯上も安心です。夜勤明け休みのシフトが基本なのでより充実したプライベーな時間が取れます。


(写真)板橋中央総合病院

板橋中央総合病院の概要・待遇と勤務
開設年月 1956年
病床数 579床
看護方式 固定チームナーシング
診療科目 内科/呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/血液内科/腎臓内科/神経内科/脳血管内科/糖尿病内科 外科/呼吸器外科/消化器外科/心臓血管外科/整形外科/脳神経外科/形成外科/美容外科/精神科 リウマチ科/小児科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科 放射線診断科/放射線治療科/病理診断科/麻酔科/腫瘍内科
付属施設 板橋セントラルクリニック、蓮根ロイヤルクリニック、アイ・タワークリニック 板橋ロイヤル訪問看護ステーション、志村地域包括支援センター
看護配置 7:1
勤務体制 2交代
諸手当 住宅手当、白衣手当、夜勤手当 、病棟手当、残業手当、調整手当、役職手当、資格手当
昇給 あり
賞与 年2回
休日 月に9~10日程度休み
休暇 有給休暇、産前産後休暇・育児休暇、特別有休(結婚、弔事など) 子の看護休暇、介護休暇
保育施設 保育室併設(24時間保育)
寮社宅 有(独身寮)  1Kタイプ/冷暖房完備/オートロック完備/バス・トイレ別 ※入寮希望者は全員入寮可能
所在地 東京都板橋区小豆沢2-12-7
アクセス 都営三田線 志村坂上駅より徒歩1分

ページの先頭へ