関東中央病院(公立学校共済組合)

患者さんがここにきてよかった。あなたの大切な人もここに来てほしい。 あなたがここで働きたいと思える病院でありたいと職員全員で取り組んでいます。 患者さんの信頼には、根拠に基づいた看護知識と確かな看護技術がもとになります。 そして、患者さんが何を求めているのか、看護にどのような事を期待しているのかを考えながら、主体的・継続的に学び行動できるようになって欲しいと願っています。 看護師の大切な資質は、人が好きであること。 自分を大切にし、自分を愛することは、患者さんを愛し大切にすることに通じます。 いろいろなことに興味をもち、自分自身の気持ちや心を豊かにしておくことで、患者さんによい看護が提供できます。 自分自身で努力することは大切ですが、豊かな心と実践力のある看護師へ成長できるよう教育し、組織全体で支援します。 あなたと共に最高の看護を提供していきましょう。

国内最大の共済組合
文部科学省関係の団体が運営する病院です。給与等については国家公務員に準じて定められており、福利厚生等非常に充実しております。 また、看護師のスキルアップを目的とした資格取得支援制度や同系列の8病院人事交流制度など、看護部全体の活性化を図るため様々な支援制度が用意されています。

世田谷区で唯一の心臓血管外科病棟があります
関東中央病院では、世田谷区で唯一の心臓血管外科の病棟を有する総合病院です。循環器の分野に興味がある方にもオススメです。

看護方式はPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
2人1組が基本。パートナーとなった者同士が、2人1組で行動し、受け持ち患者さんの看護、日々のケアなど1年を通して共に活動します。看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、主任看護師をコアとしたチームの中で、お互いが良きパートナーとして、対等な立場で、お互いの特性を活かし、相互に補完し協力しあい、その成果と責任を共有する看護方式。患者さんにとって安全・安心で、新人看護師や経験者で新たに採用された 看護師、異動した看護師、そして豊富な経験を持つ看護師にとって、生き生きと活動できる看護方式と考えています。

看護部研修室
看護部独自の研修室で臨床現場同様の環境が整っており、看護技術や知識の習得が不安なくできます。研修以外のカンファレンスや会議などにも使用できます。

IVナース
日本看護協会の指針に基づき「関東中央病院の看護師による静脈注射マニュアル」を作成、「育成プログラム」に則り医師・看護師による教育を行い、認定IVナースの育成を行っています。認定IVナースは認定バッヂを身につけ、日々患者さんに安全かつ正確な知識・技術を提供しています。

e-ラーニングの活用
ラダー研修の事前準備課題や集合研修での動画を活用した講義、褥瘡対策や感染対策委員会での知識確認テストなどにe-ラーニングを活用しています。個人個人がID/PWを持ち、動画閲覧後にテストを受けるなど自己学習の手助けとなっています。病院や自宅でも視聴することができます。

看護師宿舎: 安心・快適に暮らせる環境が整っているから仕事もプライベートも充実!
病院のすぐ近くにあるので、通勤はラクラク。お部屋には快適な設備が整っており、静かな環境の中で充実した毎日を送ることができます。(駐車場完備)

院内保育所を完備
できる限り負担・不安なく働けるように、病児・病後時保育、夜勤保育を実施しています(日数限定)。お子さんが体調をくずされた場合は、小児科の医師が診察・治療にあたるので安心です。

図書室
スタッフ専用の図書室は、看護関連をはじめ専門雑誌約200誌を保有し、専従の司書が管理しています。さらに、オンラインジャーナルや臨床上の疑問に対する回答をすぐに入手できる「Up To Date」も利用できます。

関中コーラス部
2000年頃に有志職員が慰安旅行で皆の前で歌を披露(目立ちたかった)したのが、コーラス部発足のきっかけです。その歌声に惚れた?職員が集まり、講堂でコンサートを開催しました。数年後には、なんと観客で講堂が埋め尽くされるほどになりました。現在の部員は約35名。職員、患者さん、そのご家族やご友人で構成されています。月3回の練習を行い、年に2回外来ホールで行われるコンサートは、2015年で16年目を迎えました。楽器演奏などの特別企画も交えたコンサートは、ボランティアの方々の応援を得ながら毎回大勢の皆様にお集まりいただいて開催されています。これからも地域のつながりを大切にし、日々練習に邁進して参ります。

KCHウオーキングクラブ
栄養管理室・看護部・薬剤部・放射線部・事務などのメンバーが、2ヵ月に1度集まって活動しています。それ以外は各自毎日万歩計をつけて自主練習とおおらかなクラブです。「レンボーブリッジを渡ろう会」「TOKYOウオーク2015」などに参加。体を動かしてリフレッシュし、スタッフとの交流も深めています。


(写真)関東中央病院

関東中央病院の概要・待遇と勤務
開設年月 1953年
病床数 435床
看護方式 全病棟において、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
診療科目 総合内科、 呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、代謝内分泌内科、神経内科、腎臓内科、血液内科、アレルギー・リウマチ科、精神科、小児科、消化器・一般外科、乳腺外科、 呼吸器・内分泌外科、心臓血管外科、整形外科・リハビリテーション科、形成外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、健康管理科、救急部、血液浄化室、ICU、画像診断センター
付属施設 ・デイケア、教職員の職場復帰訓練
・内視鏡室、栄養管理室、救急外来診察室、血液浄化室、外来看護相談室、地域医療室、訪問看護室、医療福祉相談室
・健康管理事業(2日人間ドック、1日人間ドック、脳ドック)
・専門外来(内科/ペースメーカー外来、甲状腺外来、骨代謝外来)(小児科/アレルギー外来)
(外科/血管外来、乳房外来)(整形外科/リウマチ外来、股関節外来)
(脳神経外科/頭痛外来)(形成外科/レーザー外来)(心臓血管外科/閉塞性動脈硬化症外来)
・教育/検査入院(循環器、糖尿病)
・糖尿病教室、栄養指導
・各種健康診査(各種教職員健診、自治体住民健診、企業健診、採用予定者健診 等)
・各種相談等(不妊相談、育児相談)
看護配置 一般病棟 7対1
精神科(児童思春期) 10対1
勤務体制 2交代
諸手当 夜勤手当、残業手当、通勤手当、 住宅手当、 地域手当、初任給調整手当、夜間看護、扶養手当
昇給 あり
賞与 年2回
休日・休暇 【休日】4週8休制、祝日、年末年始(12/29~1/3) 【休暇】有給休暇(年20日)、特別休暇(産前産後、慶弔、レクリエーション)、育児介護休業制度
保育施設 院内保育所あり(有料)
寮社宅 病院に隣接したマンション(1DK)と近隣にマンション(1K) 新看護宿舎:駐車場完備
所在地 東京都世田谷区上用賀6-25-1
アクセス ・東急田園都市線用賀駅から、関東中央病院行き、美術館行き又は成城学園前駅行きバスで病院前下車
・小田急線成城学園前駅南口から、渋谷行きバスで病院前下車

ページの先頭へ