王子生協病院(東京ほくと医療生活協同組合)

地域医療の最前線
東京都北区を拠点とし、地域の方の健康を見守り続けています。健康増進などを目指すために、地域の方と職員が一緒になって行う取り組みも行われています。 また、高齢者医療から緩和医療まで、様々な疾病を合わせ持つ患者さんも多く、看護として求められる知識・技術も幅広くあり学べることも多くあります。「最後までここで…」と願う患者さん・ご家族と共に頑張っています。あなたの思いが志に変わる、そして温かい気持ちで看護ができる。それが東京ほくと医療生活協同組合です。

安心が途切れないように、私たちが見守ります
東京ほくと医療生活協同組合は、在宅往診、訪問看護ステーションなども充実しており、 東京都北区・足立区・荒川区(センター病院1ヶ所、診療所8ヶ所、訪問看護5ヶ所など)の3区に又がり、69年間「地域医療」を支えています。 予防・急性期・回復期・慢性期・終末期・緩和ケア・グリーフケアまで、それぞれの患者さんの健康段階に長く関わることができます。 開設以来、「命は平等」をスローガンに、個室・差額ベッド代金はいただかないことを貫いています。 だからこそ、「病気」と捉えるだけではなく「生活・人生・その人らしさ」までを支え続けていきます。地域の看護師として「患者さんと患者さんの家族と共に」関わり合えるのも特徴の1つです。

教育制度も整っています
新人:本人のペースにあわせたプリセプターシップ・OJT研修・メンタルサポート・全職種での交流研修などあり
3年目まで:教育担当者がついたプログラムあり
4年目以降:ラダー制度・他職場研修・多職種研修・他法人研修など多彩な選択研修あり
5年目以降:認定資格支援制度あり

看護師寮あります
看護師寮はワンルームタイプのマンションやアパートを1室借り、寮としています。 寮から病院まで、自転車、徒歩圏内で通えるので、夜勤時も楽々です。 寮費は一部、法人負担をします. 「奨学金の返済があり、寮費を払えないのではないか…」 「都内に就職したいが、住まいまで自分で探すのは面倒…」という方も是非、ご相談下さい。


(写真)京浜東北線 王子駅(中央口) 
出典:commons.wikimedia.org

※王子駅より病院までバスで、豊島3丁目下車、徒歩3分

王子生協病院の概要・待遇と勤務
開設年月 1948年
病床数 159床
看護方式 チームナーシング
診療科目 外来:内科 神経内科 循環器内科 小児科 整形外科 消化器内科 心療内科 老年内科 腎臓内科 皮膚科 泌尿器科 禁煙外来 もの忘れ外来 緩和外来 家庭医外来
病棟:急性期、慢性期、回復期、緩和ケア(新人配属は緩和ケア以外の病棟または診療所)
看護配置 10:1
勤務体制 3交代
諸手当 主要手当:住宅手当+深夜勤手当て+準夜手当(準夜・深夜各4回・上限8回)
諸手当:住宅手当家族手当(配偶者もしくは親・子)、祭日手当、通勤手当(準夜後の終電以降のタクシー代金支給)、時間外手当、年末年始特別手当、社会人経験加算あり
昇給 あり
賞与 年2回
休日・休暇 4週8休(週実労38.75時間),年末年始6日、夏期5日、年次有給(初年度10日)、結婚7日、忌引き、出産(育児休業制度あり)、育児時間保障(1歳まで1時間短縮勤務、夜勤免除)、病児保育あり
保育施設 病児保育あり
寮社宅 看護師寮(ワンルームマンション借り上げ) 寮から勤務先までは、徒歩・自転車で通える距離です
所在地 東京都北区豊島3-4-15
アクセス 京浜東北線 王子駅(中央口)、東京メトロ南北線王子駅(2番出口)から、徒歩の場合 所要時間 約15分、バスの場合 豊島3丁目下車 徒歩3分

ページの先頭へ